1. ホーム
  2. 講師ブログ
大人のためのバレエ教室グランジュッテ/講師ブログ

記事一覧

プライベートレッスン(1月21日/KAさん)

KAさんは昨年9月から月1回のペースで個人レッスンを続けていただいています。遠方にお住まいで普段は他の教室に通っていらっしゃるのですが、補習的に毎回1つずつ苦手なパやチャレンジしてみたかったパの練習をしています。

最初にバーレッスンをやるのですが、上達ぶりにビックリです。
◎まず立ち姿がきれいになりました。しっかりと床を踏んで上体を引き上げられるようになりました。ウエストラインが引き締まって、同じ教室のお友達から「やせた!」と羨ましがられているそうです。
◎余計な力が抜けて全身のバランスで動けるようになりました。
◎姿勢がブレなくなり動きが大きくなりました。
個人レッスンでアドバイスしたことを、いつものレッスンでも意識されていることがうかがえ、とても嬉しいです。

今回はシャッセからのグラン・ジュテ・アナヴァン。重心が前に流れてしまうため、しっかりと前に脚を放り上げられず、また軸足でしっかり踏み切れていませんでした。軸足でしっかりプリエをして重心を乗せながら、反対の脚を遠くへ放り上げるようにバットマンをする練習をしました。
あと、前へ跳ぼうとして上体や重心が前に流れるので、上に跳ぶように意識するようにアドバイスしました。繰り返し練習してみてください。

次回はアントルラセに挑戦です。

プライベートレッスン(8月4日/HIさん)

120分のプライベートレッスンを行いました。
いよいよ発表会を来週に控え、2回目のレッスンです。だいぶガンバッて練習していたようで、スムーズに踊れるようになっていました。
まずは、ご本人が不安に思っている振りをいくつか見直しました。ストゥニュの回転が逆になっていたところなどがあり、見直せてよかったと胸をなでおろしていました。
その後、私が見た中で気になったピケの練習をしました。重心が後ろに残って音楽に遅れ気味になっていたので、重心移動の仕方や音のとり方をアドバイスしました。
ストゥニュでは回り過ぎて周りの方と体の向きがズレてしまっている箇所があったので、回転後の体の向きを確認しました。
本番では顔の付け方やアームスのポジションなど上半身を綺麗に見せたいと意気込んでいたので、上半身を綺麗に見せるコツについてもアドバイスしました。"ここを頑張りたい!"と目標を持つのはいいことですね。
数日前に衣裳合わせがあってようで、気分が盛り上がっている様子でした。本番、楽しく踊れるように応援しています。

プライベートレッスン(7月31日/Kさん)

90分のプライベートレッスンを行いました。
発表会に向けて苦手なパの克服をしたいということで、個人レッスンを受講されました。主に回転系のパに不安があるようでしたが、今日はピルエットと男性と組んで行うアチチュードでのプロムナードの練習をしました。

バーレッスンでウォーミングアップした後、トゥシューズに履き替えて、ピルエットの練習をしました。
[BEFORE]
●背中が後ろに引っ張られるように倒れてしまう。
●ルティレにする足の運び方やタイミングが悪く、いわゆるタテパッセになってしまう。
●十分に踏み切れていなくて、腰が軸に乗れていない。
[主な改善のポイント]
◎アームスを集める動きと踏み切りのタイミングを修正
◎ルティレにする足の運び方
◎軸・重心の位置と保ち方
[AFTER]
◎回転がスムーズになった。
◎しっかりとルルヴェできるようになり、高い位置でピルエットのポジションが作れるようになった。

男性がサポートして行うアチチュードのプロムナードの練習をしました。ポーズを作る上でいくつか課題がありました。
●軸足にしっかり乗り切れていない。
●そのため軸足のアン・ドゥオールが不十分になってしまう。
●さらに体が開いてしまい、ポーズが安定しない。
まずは軸足にしっかり乗って、アチチュードのポーズを作る練習をしました。正しくポーズを作ろうとすると、あまり使っていなかった筋肉を使うようで、今までの体の感覚との違いを身体に覚え込ませるように繰り返し練習していました。

今日は2つの動きについて練習しましたが、共通して言えることは、まずはしっかりと立つということです。軸足にしっかり乗ると、トゥシューズでは随分と背が高くなります。その浮揚感に驚いているようでした。最も基本的なことですが、見落としがちなポイントでもあります。まっすぐ立つことを意識してみてください。

プライベートレッスン(7月14日/HIさん)

120分のプライベートレッスンを行いました。
8月の発表会に向けて練習日程が少なく自習しなくてはならないらしく、振りの分からないところを教えて欲しいということで個人レッスンを受講されました。

自習用に渡された振付のDVDと照らし合わせながら、頭から一つ一つ振りを確認していきました。振りはほぼ覚えていたのですが、パ(ステップのこと)が不正確なところがところどころあったので、足の踏み方、手の動かし方、手の通り道、ポーズ、顔や体の向きなどなど細かく見直していきました。2時間で一通り確認することができ、踊ってみるとだいぶ動きがハッキリして見栄えがするようになりました。特に音のとり方を直したことで動きにメリハリがついて軽快に踊れるようになりました。

よく分からずにモヤモヤしていたことがだいぶ解決できて、気分も盛り上がってきたようでした。本番前にもう一度見る約束をしました。本番で楽しく踊れるように、練習をガンバッていただきたいと思います。

プライベートレッスン(5月31日/TYさん)

90分のプライベートレッスンを行いました。
今回はピルエット・アン・ドゥダン、ピケ、ピルエット・アン・ドゥオールの練習をしました。

まずはバーレッスンで、プリエの仕方、ルルヴェの仕方、ルティレ(パッセ)への足の運び方、アームスを含めた姿勢の保ち方、踏む感覚などなど回転でポイントとなる点について確認しました。
次に、それぞれの回転の練習。共通していたのは上半身を使って回ろうとしてしまっていた点です。十分なプリエからしっかりと床を踏み切って腰を回転させるようにすることをアドバイスしました。
その他にもそれぞれのパのやり方やコツを生徒さんの質問にも答えながらゆっくりと指導しました。

繰り返し練習して、きれいな姿勢で回れるようになりました。前回は消化不良の感じて時間になってしまいましたが、今回は色んなパの練習をしてそれぞれについてコツを少し掴んで手応えを感じていただけたようでよかったです。その調子で引き続き練習しましょう。

プライベートレッスン(4月19日/TYさん)

90分のプライベートレッスンを行いました。
ピルエットやピケなど回転系のパが苦手で、やり方やコツをじっくりと教えて欲しいということで個人レッスンを受講されました。

まず、バーレッスンをしました。TYさんとははじめての個人レッスンなので、バレエの習得度やどんな苦手な動きやクセなどがないか確認のためにバーレッスンを一通りやらせてもらいました。バレエの基本的な動きは身につけていらっしゃるようでした。一つ一つの動きを注意深く丁寧にやっていました。ひとつ姿勢と軸の保ち方についてアドバイスしました。床をしっかりと踏んで上体を押し上げて全身をタテに引っぱるようにして姿勢を保つようにしてみましょう。
今回は、ピルエット・アン・ドゥオールの練習をしました。今、通っているスタジオの先生の説明だけでは疑問を解消できなくて、映像などを見て研究されているようでした。ルルヴェのタイミングは?ルルヴェに立った時の体の向きは?腕の動きは?などなど疑問がいっぱいの様子でした。その疑問に一つ一つ答えるようにしながらピルエットのやり方やコツを説明していきました。
ルルヴェに立つ時に、上体を上に引き上げて立っているために踏みきりが弱く軸が不安定になっていました。バーでもアドバイスしたように、足でしっかりと床を踏んで立つようにしましょう。全身をバランスよく使うことが大事です。

今までやっていた方法やご自分で研究した方法との違いを消化できないまま終わってしまいましたが、アドバイスしたことを反芻しながらピルエットのやり方を見直しながら練習してみましょう。

プライベートレッスン(1月17日/TAさん)

60分のプライベートレッスンを行いました。
[バーレッスン] プリエがとても上手にできるようになったのに驚きました。話を聞くと、気がつくと手や足を動かしてバレエの動きを練習しているのだそうです。
横に置いた腕の保ち方も正しくできるようになってきました。少しずつ腕の動きもつけて、バレエらしい腕の動きにも慣れていきましょう。
[センターレッスン] ピルエットの姿勢をきれいに作る練習をしました。前回、タテパッセになっていたので、足の運び方を見直しました。これも繰り返し練習して、いつでもきれいなパッセで回れるようにしましょう。前回はじめて回ったピルエットでしたが、回転に力強さが感じられるようになりました。2回転するのもそう遠くなさそうですね。首をつけて回る練習もしていきましょう。
はじめてアッサンブレというジャンプのパ(ステップのこと)にチャレンジしました。バーを使って足の動きやジャンプのタイミングを練習したのですが、フロアではバーの支えなしで片脚で跳ばないといけないので難しいですよね。はじめに出す足を、しっかりと床を擦って放り上げるようにしてみました。その動きがジャンプを助けてくれるのを感じてもらえたようで、ジャンプのタイミングも合うようになりました。次回は音楽に合わせて跳んでみましょう。アッサンブレができるようになると、バレエの他のジャンプも応用で跳べるようになりますよ。
今回は色々と上達ぶりに驚かされました。この調子で楽しく練習していきましょう!

プライベートレッスン(1月10日/TAさん)

60分のプライベートレッスンを行いました。
今回はたくさんのことはできませんでしたが、身体の使い方や動作中の姿勢の保ち方の練習をしながら、じっくりとご自分の感覚に意識を向けて感じていただきました。どれも大切なポイントで、今回やったことを意識しながら練習していただければ、これからだんだんと難しいことにチャレンジする時にとても楽です。今回は少し足踏みでしたが、上達の早道になると思います。
センターでは、小さいジャンプ、ピルエット、グリッサードを練習しました。小さいジャンプでは、上半身で勢いをつけてしまうため空中で背中が反ってしまいました。まっすぐの姿勢を保ってジャンプができるように段階的に確認しながら練習しましょう。
ピルエットでは、ちょっと気が早いかと思いましたが、思い切って1回転してみました。いくつか修正したところスムーズにクルッと回れました!やりましたね!回転している時の姿勢を確認して、きれいな姿勢で回れるように練習していきましょう!
グリッサードはだいぶ慣れてきましたね。次回からアッサンブレを練習して、できるようになったらグリッサードとアッサンブレをつなげてやってみましょう!

プライベートレッスン(12月28日/TAさん)

60分間のプライベートレッスンを行いました。
タンデュとジュテでは、音の取り方の異なる2種類の動きをやってみたのですが、戸惑わせてしまったようです。ちょっと先を急ぎ過ぎてしまいましたね。しっかり動きができるようになってから、次の段階に進むように少し待ちましょう。
前回、アドバイスした重心の位置ですが、動きの最初と最後とで重心が移動する幅がどの位あるのかを体で感じて予め知っておくこともよい練習方法です。5番ポジションで足を入れ替える時、アラベスクの姿勢をとる時、5番から(あるいは4番から)ピルエットのポジションへ片足でルルヴェをする時などでは特に重要です。
グリッサードでは、ゆっくりと早くと違うテンポを混ぜてみました。テンポの変化があるだけで楽しくなりますね。
小さいジャンプでは、実際に続けて繰り返し跳んでみました。ただまっすぐに跳ぶだけですが意外と難しいですよね。プリエと姿勢を保つことがいかに大切かを感じていただけたと思います。
ピルエットの練習では、アームスの保ち方をアドバイスしました。力を入れて固めるのではなく、手に少し負荷をかけても動かないような張りを保つようにしましょう。
今日は新しい動きにはチャレンジしませんでしたが、色々な感覚を感じていただけたのではないかと思います。どれもとても大切なことなので忘れないように意識しながら繰り返し練習していただきたいと思います。

プライベートレッスン(12月20日/TAさん)

60分間のプライベートレッスンを行いました。
前回までやったことを反復しながら少しずつ新しいことを加えているのですが、今回はピルエットのプレパレーション(片足で立つだけ)にチャレンジしてみました。ピルエットは動きを覚えるだけでなく回る感覚も身につけないとできないので、早めにスタートしてみました。
TAさんのスゴいところは、少し難しいカナ?と思われるような身体の使い方の説明をしても、理解してできてしまうところです。今日も、足を上げる動きで腿の前側が力みがちだったので、脚の前側をストレッチさせながら足を上げる方法をアドバイスをしたところ、すぐに言った通りにできてしまいました。さらに、はじめたばかりなのでルルヴェをすると揺れてバランスがとれなかったのが、その脚の感覚を活かしてルルヴェしたところピタッととまることができたのです。本人も安定して立てていることと力を抜いて楽に立てることに驚いていました。
今日は他にも重心の位置を意識して動くことについても触れましたね。重心の位置を感じながら動かなければ正しい姿勢は保てないのでとても大切なポイントです。
最初は覚えることが多いですが、ひとつずつクリアしながらバレエらしい動きができるようになっていきます。ガンバリましょう!

ページ移動

▲ ページの先頭へ戻る